>
赤松調湿炭(建築カーボン)床下用、下駄箱用、家具すきま用、押入れ用

 

環境改善素材 オール炭化住宅

調湿赤松炭(建築カーボン)床下用、下駄箱用、家具すきま用、押入れ用

 当社の床下の調湿炭(建築カーボン)は、中国地方に豊富にある赤松原木を、特許製法(特殊製法)に基づいて炭化しており、調湿効果、消臭効果に優れています。建築解体材や廃材は使用していないため、重金属等の不純物は含まれていません。また、原料は厳選された赤松生木のみを使用し山林保護のために伐採した間伐材を有効利用しています。有害な不純物を一切含まないので環境にやさしく、品質は安定しています。

 

商品ラインナップ

建築カーボン(床下用)2㎏(11L) 不織布入り

 

 

 建築カーボン(床下用)1梱包8袋入り(1畳分)

 

 

 

 調湿赤松炭(赤松炭100%・不織布)

靴・下駄箱用(20g) 家具のすきま用(40g) 押入れ・収納ケース用(100g)

 

 炭焼き工場の様子

 

  中国山地の赤松チップを炭焼き工場(中国地方)で特許製法(特殊製法)に基づき10日間かけて炭化します。酸性有害物質(ホルムアルデヒドなど)およびアルカリ有害物質(アンモニアなど)を吸着しやすいように特殊加工しています。また、活性化処理をして、湿気の吸収・放出能力(調湿能力)と消臭能力を高めています。

 

赤松原木チップと建築カーボン(赤松炭)

赤松原木チップ10枚(左図)と建築カーボン10枚(右図)

 赤松の木質は密で、水湿に強く耐久性に優れている特徴があります。加工が容易でチップ材にして炭化しています。炭化させた赤松炭は5~30㎜、厚さ2~5㎜のチップ状です。

 赤松炭は約800~900℃と高温で仕上げており、木材よりも着火しにくく(発火点320~400℃)着火源となる心配はありません。しかしながら、むやみに火を近づけることは避けてください。

 

赤松炭の特徴

 赤松炭(建築カーボン)は特殊加工しているため、孔が多く大きさが揃っており、吸湿、排湿、消臭の作用が良くなります。

 

顕微鏡(200倍)で見た木炭の違い

 

調査結果(湿気の吸湿放出性能)

 建築カーボンは特殊製法で製造しているため、他の炭に比べて、湿気の吸湿放出性能が優れています。

 

湿気の吸湿放出性能試験

(調査:セイレン株式会社 開発研究室)

 

調査結果(消臭性 減少率)

 建築カーボンは悪臭の原因となるアンモニア(アルカリ有害物質)やシックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒド(酸性有害物質)を減少させる効果が優れています。

 1時間後の消臭性試験(検知管法)

(調査:一般財団法人 ボーケン品質評価機構)

 

 床下への設置の様子

 

 建築カーボンは床下に1坪(約2畳)あたり16袋を設置します。

 

【製品サイズ】

・建築カーボン(床下用)45cm×58cm×5cm

・調湿赤松炭

(靴・下駄箱用)90×205mm

(家具のすきま用)165×230mm

(押入れ・収納ケース用)200×295mm

 

【重量】

・建築カーボン(床下用) 約2kg(11ℓ)

・調湿赤松炭

(靴・下駄箱用) 約20g

(家具のすきま用) 約40g

(押入れ・収納ケース用) 約100g

 

【耐久年数】

・100年以上

 

【原材料】

・中国山地の赤松チップ炭100%(5~30mm、厚さ2~5mm)

 

【製造】

・日本製

 

【1梱包】

・建築カーボン(床下用) 8袋入り

 

【使用方法】

・建築カーボン(床下用) 1坪(約2畳)あたり16袋が基準 (袋のままご使用ください)

・調湿赤松炭(押入れ用) 押入れには4袋を目安に入れてください(1㎥あたり1袋)

 

 【使用上の注意】

・調湿・消臭用として製造していますので、用途以外には使用しないでください。

・本品は食べられません。また、炊飯や浄水等調理の過程で食品に混入させたり、食品に直接触れる場所でのご利用も避けてください。

 

 

 上記のお問い合わせフォームにて、商品、販売などについて、お気軽にお問い合わせください。

呉市安浦町野呂川河口沿いの開放的なゴルフ練習場です。

広さ180ヤード、2階建て全46打席

 

発電、売電、蓄電、あらゆるニーズに最適のシステムを提供します。