>
>
沿革

沿革

昭和2年 (1927) 煉炭製造開始【開業】
前会長 河尻定義 広島県広島市段原町に河尻燃料工業所を開く(煉炭製造開始)
昭和4年 (1929) 新工場建設
商品名を“日の丸”と改める
昭和25年 (1950) 【法人化】
日の丸産業株式会社 設立
昭和33年 (1958) グループ企業 大嶺日の丸燃料株式会社 設立
日の丸商工株式会社 設立(現日の丸産業(株)LPガス部)
昭和36年 (1961) 大嶺日の丸燃料株式会社が、安浦工場(煉豆炭製造工場)建設(現日の丸産業(株)安浦営業所)
昭和41年 (1966) 東雲充填所 開設(現エルピーガスネット工業(株))
大嶺日の丸燃料(株)安浦工場を分離独立して日の丸燃料工業(株)とする
東雲及び安浦に灯油給油所 開設
昭和43年 (1968) 日の丸商工(株)から日の丸液化燃料(株)に改称
昭和47年 (1972) 三菱石油東雲給油所三菱石油東雲給油所 開設
昭和48年 (1973) グループ企業 三次産業有限会社 設立(現日の丸カーボテクノ(株))
昭和51年 (1976) 東雲オートガススタンド 開設
昭和57年 (1982) グループ企業 日の丸合同ガス株式会社 設立
昭和62年 (1987)

日の丸産業、日の丸液化燃料(株)を吸収合併

創立60年記念式典を開催

平成4年 (1992) 熊野営業所、中畑流通センター 開設
平成5年 (1993) 安浦シーサイドゴルフ安浦工場を閉鎖
新たにゴルフ練習場“安浦シーサイドゴルフ”オープン
平成7年 (1995) 日の丸燃料工業(株)業務を日の丸産業(株)に統合 それぞれ日の丸産業(株)安浦営業所、福山営業所となる
平成9年 (1997) 関西石油ガス(株)と業務提携、共同出資会社エルピーガスネット工業(株)を設立(LPガス充填の共同化)
平成11年 (1999) 関西石油ガス(株)と業務提携、共同出資会社(株)エルピーガスネット配送センターを設立(LPガス配送の共同化)
平成15年 (2003) 日の丸合同ガス(株)を日の丸産業(株)が吸収合併
平成18年 (2006) 府中市に府中営業所開設
平成19年 (2007) 創立80年を迎える
平成21年 (2009)

本社事務所にAED(自動体外式除細動器)設置

ENEOS東雲給油所 閉鎖

平成26年 (2014)

中核充填所の認定を受ける

平成27年 (2015)

福山営業所を引野町から山手町に移転

 

呉市安浦町野呂川河口沿いの開放的なゴルフ練習場です。

広さ180ヤード、2階建て全46打席

 

発電、売電、蓄電、あらゆるニーズに最適のシステムを提供します。